東京上野ライン開通による交通アクセスの変化

上野駅と東京駅を経由して、東北本線系統のJR常磐線、宇都宮線、高崎線と東海道本線をつなぐ上野東京ラインが2015年3月に開通しました。
この開通により、サラリーマンやOLの通勤アクセスにはどのような変化があったのでしょうか。
JR常磐線、宇都宮線、高崎線の利用客は、これまで上野駅でJR山手線や京浜東北線等に乗り換えて、東京駅や品川、新橋方面へ出ていました。
しかし、今回のJR常磐線、宇都宮線、高崎線と東海道本線の相互直通運転の実施により、都心へのアクセスが1本でできるようになりました。
上野駅での乗り換えが不要になった為、時間も短縮でき、以前に比べ、大変スムーズに通勤できるようになったと言えるでしょう。
具体的には上野‐品川間で約11分短縮されるようです。また、上野東京ライン開通のメリットはそれだけではありません。
東京駅周辺や品川、新橋は日本でも有数のオフィス街で、毎日多くの通勤客が集結するエリアです。
その為、これまでラッシュ時の山手線や京浜東北線内は、JR常磐線、宇都宮線、高崎線から上野駅で乗り換えた後の通勤客で大変混雑していました。

しかし、今回の上野東京ラインの開通により、通勤客が分散され、この混雑もだいぶ緩和されるようになってきています。
さらに、都心のオフィス街だけでなく川崎や横浜駅にも1本でアクセスできるようになった為、北関東から神奈川方面に通勤していた方にとっても大変便利になりました。
同時に、埼玉方面から神奈川方面へ1本で行ける手段だった湘南新宿ラインの混雑は緩和されるものと考えられるでしょう。
上野‐東京間も、今まではJR山手線か京浜東北線を利用してしか移動ができませんでしたが、上野東京ラインという手段が一つ増えたことになります。
栃木や群馬、茨城の北関東の地域から乗り換えなしで、神奈川の小田原や静岡の熱海までをつなぐ上野東京ライン。
この開通により、多くのサラリーマンが今までよりも「早く」「スムーズに」自らのオフィスへと通勤できるようになりました。
沿線の賃貸事務所のニーズにも今後、変化が表れてくるかもしれません。

毎日メールで新着優良物件情報を配信しております。 当サイトのアプリには割引チケットをゲリラ配信いたします。 新鮮な物件情報が多く、スピーディーに対応が可能な居抜き物件情報サイトです! 居抜きカフェでは、居抜き物件探しのポイントや開業前の準備、節税対策まで細かくご説明しております。 居抜きの買い取りや売却は当社へお任せください。 サイトに掲載が出来ない物件情報を号外メールでお届けいたします。 賃貸店舗の専門総合サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)